催淫剤の歴史

昔から、ワイン、水、または特定のハーブ(幻覚ハーブも含む)が原料とされ、ときには、その他の魔法の原料……

催淫剤とは狭義には媚薬と呼ばれ勃起不全の治療に使われる薬を言い、広義には性欲を高める薬、恋愛感情を起こさせるような薬を言います。惚れ薬とも称されます。肉体的な性機能の改善を目的とした精力剤、強壮剤も含まれます。

昔から、ワイン、水、または特定のハーブ(幻覚ハーブも含む)が原料とされ、ときには、その他の魔法の原料が加えられます。惚れ薬の歴史ははるか古代に遡ります。

かつては、世界中の至るところでごく一般的に用いられていました。だが、初期のキリスト教会の指導者らは、あらゆる魔術、予言、占星術、薬草学、数学分野までも威圧し、もちろん、このような愛を芽生えさせる魔法の水にも眉をひそめました。

中世に入ると、ヨーロッパほぼ全土において、惚れ薬の人気は最高に達しました。人気の高かった惚れ薬には、鳩の心臓、スズメのカンゾウ、ツバメの子宮、ウサギの腎臓を乾燥させて挽きつぶした粉が用いられていました。動物だけでなく、魔術師の内臓(心臓、肝臓、子宮、腎臓)の血液を乾燥させ、粉末状にしたものを原料とするものもありました。月がおうし座またはてんびん座(愛を象徴する金星に支配される星座)にある時期にこの催淫剤を調合し、好きな人の飲み物や食べ物に混ぜいれて使用していました。

魔女、シャーマン、実践士(祈りを通して、霊的癒しを公に実践する人)などの魔術を行う者達が動物の生殖器官で秘薬を煎じることは古代ではそう珍しくなりました。特に、男女間に愛(特に性欲)を芽生えさせる催淫剤には、このような気味の悪い原料が用いられることが多いでした。

催淫剤の基礎知識


侧边栏文章链接

  • 催淫剤の歴史

    昔から、ワイン、水、または特定のハーブ(幻覚ハーブも含む)が原料とされ、ときには、その他の魔法の原料……

  • 催淫剤の種類

    催淫剤の分類にはハーブ、パウダー、リキッド、スマートフード、ドリンク、錠剤などの服用タイプ、クリーム……

  • 催淫剤の副作用

    催淫剤を使用した場合に副作用が現れる可能性があります。でも、用法用量を守って使用すれば副作用が現れ……

  • 女性催淫剤の使用

    数多くの女性は完璧なセックス体験を楽しめるため、催淫剤を使います。催淫剤は女性に対して、SEXの快感を……

  • 催淫剤の通販の注意点

    催淫剤を販売してくれる個人輸入代行サイトは数多く存在します。完全な偽物の催淫剤を売りつけたりしますの……

  • 催淫剤の効果

    フィクションの世界の中では、女性に対して使用される事が多く見られますが、催淫剤は特に女性専用の薬剤......

  • 催淫剤に含まれた原材料

    催淫剤の歴史は長く、催淫剤はどんな材料で作られているのかは知っている人は少ないでしょう。本文......

  • 個人の場合によって催淫剤の種類

  • 魔法の液体催淫剤媚女の雫

    媚女の雫催淫剤効き目・使用

  • 催淫剤に関するQ&A

    近年催淫剤は大変人気があります。催淫剤に関する知識はご存知ですか!

电子資料